30代になって、薄毛が気になりだした。

そんなときは、早めに育毛剤の利用を検討してください。

早期に対策したほうがいいです。

しかし、育毛剤はたくさんあるので、迷ってしまうかもしれません。

実際にどの育毛剤も抜け毛に効くと宣伝していますし、

実際の効き目は相性もあるの出、使ってみなければわかりません。

育毛剤でいくら人気があるとしても、抜け毛が発生している原因によって使い分けたほうがいいです。

自分で試してみて抜け毛に効く育毛剤かどうかの判断をしてみてください。



第1位 チャップアップ

CHAP UP(チャップアップ)には、海藻ミネラルが多く含まれる、

ミツイシコンブエキス、M-034が含有。

今までの育毛剤ではなかった毛包に働きかける作用があります。

育毛を促進し抜け毛を予防する効果でお勧め1位です。

↓詳細はこちら↓



第2位 ポリピュア

有効成分バイオポリリン酸が特徴的で、

発毛命令を毛乳頭にダイレクトに贈るという育毛剤です。

頭皮の環境改善が抜け毛予防には大切です。

いわゆる、油質による頭皮のつまりなどをとるということです。

しかし、それだけでは十分な効果を得ることができないので、

改良されたのがポリピュアです。

↓詳細はこちら↓



第3位 薬用プランテル

M字型用育毛剤として、プランテルは知られています。

薬用プランテルに含まれる3大育毛成分は、

「脱毛をブロックする機能」と「栄養(血流)促進・発毛促進による攻める機能」

この2つを複合的に組み合わせ、乱れた毛髪周期を正しく修正してくれる期待の育毛剤です。

↓詳細はこちら↓



第4位 生薬育毛剤 WAKA

生薬育毛剤WAKA(ワカ)は生薬を用いた育毛剤です。

肌の弱い方や育毛剤を長く続けたいと思っている方にはおすすめです。

肌にやさしい育毛剤をお探しならWAKAです。

抜け毛予防効果は徐々に発揮され、育毛促進が期待できます。 ↓詳細はこちら↓ 生薬育毛剤 WAKA ★★承認率100%保証!★★

育毛剤比較 育毛剤人気ランキング

2012年08月30日

抜け毛と体質

体質が原因で抜け毛が発生することがあります。

同じ男性でも抜け毛になる人とならない人がおり、

体質、遺伝、生活習慣、男性ホルモンDHTの量などが抜け毛の原因として考えられます。

体質によって抜け毛に効く育毛剤の効果が違うので、

自分の頭皮や体質に合った育毛剤を選ぶことが大切です。

専門用語では体質的脱毛症と呼ばれるのが体質による抜け毛です。

思春期以降の男性に起こりやす脱毛症は男性型脱毛症と呼ばれています。

最近では、AGAと略され、銀座クリニックでのCMや、

プロペシアなど、薬のチラシでもよく見かけます。

最近になって、抜け毛の直接的な原因はかなり解明されてきています。

しかし、まだまだ抜け毛に効く育毛剤が確実に抜け毛を止めるという効果が出せていないのも事実です。

つまり、不明なメカニズムが存在しているとも言えます。

体質とは日常生活によって作られるものです。

体質的脱毛症であれば、生活を改善することで体質は改善されていきます。

食事や喫煙、飲酒、睡眠時間などを改善することで体質に良い影響を与えます。

男性だけではなく女性にも抜け毛が発生することがあります。

女性ホルモンで抜け毛が発生する場合があリます。

抜け毛の原因を体質のせいだと決めることは簡単です

しかし、どうやって対策を取るかを考えなけれ、解決になりません。

一番は、抜け毛に効く育毛剤を試して、自分に合った育毛剤を選択することです。

成分や効能を読んでも実際試してみなければ、わかりません。

いくらインターネットで人気の育毛剤であっても、

3か月以上続けなければ、その効果を見ることはできません。

地道に継続してみてください。
posted by 育毛マニア at 14:51| Comment(0) | 日記